Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
なんか衝撃的・・・
2012.07.02 Monday 16:46
 久々の更新です。どれくらい空けたのかも覚えてないくらいなんだけど、結構衝撃的だったので記事を書くことにした。

 最近僕の勤める工場の受注が少なくて雇用調整ということで休みが増えた。当然本来なら休みの増えた分給料は減るわけだがそこんとこを補助が出て、若干はカバーしてくれるということなんだけどね。

 そんなこんなで、時間を持て余すなんてことが起きて、しかも夜勤だからヘンテコリンな時間に起きていたりする。深夜に何気にTVをつけたらBSで変な人物?のドキュメンタリーらしき番組に出くわしたのである。

 世間では、一般に落ちこぼれというか、奇行癖のある人物なんて思われそうな人物。表情はコロッコロ変わるし、痙攣したりする感じだし、目は落ち着きなくキョロキョロしっ放しだし・・・。彼は言いたい誰なんだろう・・・。

 ニートって言うのかな? それに、非ナンとかと言っていたな。とにかくそんな彼がバンドをやっていることが分かってきた。しばらくすると、パソコンで雑談を配信したり、演奏を配信したりしていることも分かってきた。今時のバンドと言うのはこうしたメディアを早くから使いこなして出てくるって感じの話なのかと考えながら観ていた・・・。

 このブログはブルース&ギターに関するブログということで始めたんだけど、それこそ久々にガツンと頭を殴られた感じがした。これは事件かも知れない。もう数年というもの音楽のことをほとんど考えずに生きてきている。そんな日常に一発喰らった気がする。

 これはただ個人の衝動を吐き出しただけのものかと考えていたのだが、違っていた。それは歌詞を聴けば明らかだ。「いつの時代も」の言葉のせいで、ぼくは金縛りに合った。この瞬間何らかの普遍性を感じないわけにはいかなくなった。

 ということで、この音楽が世の中に出てから2年4ヶ月が経とうとしている。この間僕は知らずに過ごしてきたけれども、何の偶然か知ることが出来た。

 これを観て聴いての反応は人それぞれだと思う。僕は自分が幼稚なのかも知れない。単純なのかも知れない。馬鹿なのかも知れない。だけど、これに何かを感じられたからには発信しなくてはいけないと思ったし、そんな衝動が自分にまだあることに少なからず驚いている。

 オッサン今頃ナニ言ってんだって話なんだけど。今更ながらではあるが、出会えた幸運をただここに記したかっただけなんだ。

| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday 16:46
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://skipman-black.jugem.jp/trackback/585