Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
リーノンミー
2011.10.29 Saturday 17:47
  夜勤明けの帰宅途中のこと。ラジオから流れてきたのはゴスペル風の曲だった。聞き覚えのあるメロディはところどころ違った印象があったのはおそらくこちらがオリジナルだったからだろうか?

 僕が20代の頃、チャーと金子マリとあと数名で演奏する「ザ・レコーディング」とかいう番組のビデオを友人から見せてもらった。その中でカバーしていたのがこの曲だった。

「リーノンミー」で始まる唄い出しのスペルは良く分からない。おそらくは「リーン・オン・ミー」でonとmeは分かるから残るはリーンだけなんだけどね・・・。金子マリはかなりいい味を出して歌っていたように思う。まだハモネプもゴスペルも流行ってない頃、黒人音楽の魅力を伝えられる数少ない歌い手のひとりではないだろうか。「下北のジャニス」とか言われていたんでしたっけ? もっともジャニスは白人だけどね。肌の色はどうでもいいことだし・・・。

 当時ブルースにまだ出会っていなかった頃だったかな? 出会って間もない頃だったかな? 唄い回しに説得力があるというのか、いつまでも心に残る唄い方だった。

 唄い出しとサビ以外は日本語で訳した歌詞のこの曲を当時活動していたギター仲間とカバーしたことがある。オリジナルはまだ聴いていなかったし、そのまま時は流れ今朝ラジオでオリジナルと思しき曲を聴いたことになる。面白いもんだね・・・時間が一瞬止まるとか一気に遡ったように昔を思い出す。たった1曲の歌が僕の心を占領したのだから。

 ゆっくりと話しかけるような歌。噛み締めるような歌。近頃のラジオでは言葉をこれでもか!と詰め込んだ歌が流行るご時世。僕には着いていけない世界。そんな僕にこの曲は優しい。

 詰め込んだ言葉を取り上げると、携帯だとかメールだとか着信音だとか今時を反映するような単語が並んでディテールばかりが羅列してある。しかも、男と女のやり取りは・・・いや、いろんな人とのコミュニケーションといった方がよいか・・・歌のはじめから終わりまでの間に説明されているような世界。

 分かりやすいけど、答えを出してしまうみょうちくりんさというのは何となく作品としてつまらない。もっといろんな解釈を出来る広がりと奥行きと難解さがあっていいんじゃないかと思えてくる。

 分かった気になることの方が危険だと思ったりもする。情報を詰め込むだけ詰め込んで、聴く側はそれを受け取ることにだけ集中しているような状況は面白くない。人生なんて無駄と徒労が幾つもあるのだし、それがじつは大事だったりするんじゃ無いだろうか?

 まあ、中年男性の時代錯誤から来るグチだと思ってもらえればいい。図らずもラジオで久し振りに音楽に聴き耳を立てたことが何となく嬉しかっただけのことなんだから・・・。
| 日向小僧 | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday 17:47
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://skipman-black.jugem.jp/trackback/584