Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
コットン・フィールズ<レッドベリー>
2008.04.20 Sunday 21:50


 レッドベリーといえば12弦ギターを奏で、力強い歌声でフォーク人脈からブルースマンに至る人達との交流があったということだ。したがって、彼の演奏曲目にもそういったジャンルに幅広く対応したものが伺える。

 ,陵名曲「グッド・ナイト・アイリーン」をはじめ、┐痢屮灰奪肇鵝Ε侫ールズ」などカントリー系とかフォーク系の曲がまずオッと僕などは聞き耳を立ててしまったのでした。

 僕の地元にはカントリー・ウエスタンを基本にやっているバンドがいたりして、「コットン・フィールズ」を聴いた時このことを思い出した。それに、もうひとつこの曲をベースに自分達のテーマソングのような日本語の歌詞を乗せて演奏している別のバンドのことも思い出した。

 「そうや! コットン・フィールズやったんかーッ。」と、レッドベリーの曲から様々なイメージが浮かんできたのである。音楽って面白いなぁとこんなときあらためて感じるのである。

 かと思うと、一方でのような純然たるブルースにえもいわれぬ深みを覚えたりもする。彼のボーカルのニュアンスが絶妙なのだ。「グッ・モーニン・ブルーズ」のズの音程が極めて雄弁で微妙なのである。音階の隙間を取っているこの感覚こそが「本物」ってことなのかなと考えたりする。

 僕らがコピーしようとしても表現できないデリケートな部分の一つかもしれない。英語のニュアンスを理解しない僕などは到底計り知れない英語の歌詞もそうだろうし、その時代の常識やその土地の文化などもまた然り。想像するしかないことで、間違った理解をしていることもあるんだろうな。

 それでも、そうした曲の持つテイストは僕をある種の気分に誘うわけで、正しいとか誤りだとかは関係なく感じた何かこそ、真実であり大事なことなのではないだろうか。

 とにかく、このCDはレッドベリーの魅力が沢山詰った好盤と思う。そして、例えば彼からウディ・ガスリー、ディランに至る流れを攻めるもよし、共演のサニー・テリー(ハーモニカ)へと触手を伸ばすもよし、なのである。

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday 21:50
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。