Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
レコーディングの謎<ロバート・ジョンソン>
2007.05.14 Monday 06:55
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス
ロバート・ジョンソン

 僕のブログは今月の終わりで1周年を迎えます(拍手!パチパチ・・・)。思えば最初はロバート・ジョンソンの記事からスタートして彼の生い立ちや生活、ギターを手にして腕を磨いていくプロセスを書いてみました。分からない部分には自分の想像で(見当ハズレもあるとは思いますが)膨らませながら・・・。

 そして、昨日何気に彼の1曲目と2曲目「カインド・ハーテッド・ウーマン・ブルース」をコピーしてギターで弾いてみたところ新たな発見?があったので今日はその話をしてみようかなと思います。

 ご存知の方も多いかと思うのですが、彼の音源と一緒にプレイするときにはギターのチューニングを合わせなければなりません。レギュラー・チューニングをチューニング・メーターで合わせると「カインド・ハーテッド・・・・」の音源とは微妙にズレがあり気持ち悪くなります(笑)。

 そこで、1曲目に合わせて弾いていて一つの疑問が湧きました。彼はチューニングをどうしていたのであろうか? 基準となる「A」=440ヘルツの音叉を使用していたというのが一番在りそうな回答だと思うのだが、それだとズレの原因とは考えられない。というのも彼の各弦の音程の関係はバッチリで音感は非常にしっかりとある人で、そんな彼が「A」の音を外してチューニングするような野暮じゃないと思うからです。

 しかし、或る書物ではピアノの例ではあるがピアノが誕生した頃のピッチよりも現在のピッチは少し上がっていて現在では「A」が441〜442ヘルツあることを思い出した。ギターのピッチも過去には現在と比べ僅かに低かったのか? だとしたら、当時の音源全てにこんな現象が起きることになるので、これも信憑性を欠く。

 となると、録音技術(機材の問題)なのだろうか。昔テープレコーダーで録音をした音源を再生すると実際の音より低くなったなんて経験を味わった覚えはないだろうか。微妙にテープの送り出しスピードが違うから起きると思われるこんな機械的な条件でチューニングはズレて仕舞うのである。

 当時のレコーディング機材がオープンリール方式だったのか、もっと違ったモノだったのか僕には調べようが無いので、もし何か知っている方は是非コメントお願いします。ひょっとして”わざと”チューニングをズラしていたなんてことがあるのだろうか? 疑問がどんどん出てくる。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday 06:55
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2007/05/15 2:50 AM posted by: ogitetsu
実は僕も同じ様な疑問を持っているのです。

録音の場所にいつもピアノがあるわけではないので、多分音叉かなにかを持っていたのではないか、と思います。それともRJは絶対音階の持ち主?

音の微妙なずれに関してこんな事を読んだことがあります。その当時は、録音しながらダイレクト・カットしていたわけです。つまり、原盤を針でガリガリと削りながら録音したわけですよね。
こんどレコードを再生専用のプレーヤーで聞く場合、針の圧力が違うのではないか、ということが指摘されています。つまり、再生の場合は、針が軽い分だけ少しスピードが上がる可能性があるわけです。

まだ、これを実験した人はいないようですが、理論的には考えられますよね。

オギ
2007/05/15 6:18 AM posted by: 日向小僧
オギテツさん
針の重さで回転スピードが変るわけですね。なるほど、貴重なお話、ありがとうございます。RJの曲を正確なピッチにして(A=440ヘルツ)再生できるようにしたら面白いかも知れませんね。

もっとも、売れないか?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://skipman-black.jugem.jp/trackback/273
2007/05/19 11:19 AM posted by: 音楽を奏でる(雑学編)
オープンリールオープンリールは、テープを巻いたリールが単体で存在する形態をいう。カートリッジにリールが内蔵され、直接リールに触らずに操作できる方式と対照して用いる。その種のテープを使って録音する型の記録再生装置をオープンリール式記録再生装置(オープン
2007/05/28 11:50 AM posted by: ギター 初心者
ギター初心者のためのページです。アコースティックギターもエレキギターも、クラシックギターもフォークギターの情報もあります。楽譜、練習曲の選び方や初心者によい練習法講座などが書いてあります。ギターを練習して上手になりましょう。