Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ミュートされたトランペットの音に思う
2007.01.20 Saturday 07:04
'Round About Midnight
'Round About Midnight
Miles Davis

 マイルス・デイビスと言えばジャズの超巨人で更に彼の代表作品のひとつとして必ずと言っていいほど挙げられるのが「'Round About Midnight」なのだとか。ジャズには詳しくない僕は以前「Kind Of Blue」を購入して、いいなと思ったので今回マイルスをまた1枚購入したのでした。門外漢なので素直に評判のよさそうなCDとなると引き合いに出されるのがこの2作品なので数多いマイルス作品(どれもハズレはないだろうが)からこういった選択になったのでした。

 最初から聴こえてくるミュートされたトランペットの音色にまず身構えてしまいまして、この響きは随分と内省的なニュアンスがあるなぁと感じたのでした。ところで僕がこうやってパソコンに向かうのは夜中が多いのでピッタリのテーマソングだななんて思うかたわら、キーボードをカタカタ打っていると音楽の鳴っていることを忘れてしまうことが度々なのです。で、レビューらしきことを記事にしようという目論見はいつも挫折の憂き目に会うのでした。しかし、パソコンで何かを思考し記事を書くのには全然気にならないBGMとして最高に良い1枚なのは経験上確かで、僕にとっては深くモノを考えるには何らかの条件を満たしている不思議な旋律と音色なのである。

 曲が進んで途中何曲目かで通常の音に変ると途端に開放的で自由なトランペットの早いパッセージに更なるリラックス・モードに突入する感じなのです。・・・にしてもジャズってお洒落だな。訳わかんなくなるとお洒落なんていって誤魔化してしまうのが僕の悪いところかも知れないがこれをお洒落と言わずして何をお洒落と言えよう・・・。

 ここでもう言葉が尽きてしまった感じ。ハアなんとも舌足らずなレビューだこと。あとはお酒か焼酎などチビチビやりながらパソコンに向かう手を時折休めて聴くでもなく聴かぬでもなくしてこのCDに遊んでもらおうと思っているところだ。
| 日向小僧 | Jazz | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday 07:04
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://skipman-black.jugem.jp/trackback/176