Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
なんか衝撃的・・・
2012.07.02 Monday 16:46
 久々の更新です。どれくらい空けたのかも覚えてないくらいなんだけど、結構衝撃的だったので記事を書くことにした。

 最近僕の勤める工場の受注が少なくて雇用調整ということで休みが増えた。当然本来なら休みの増えた分給料は減るわけだがそこんとこを補助が出て、若干はカバーしてくれるということなんだけどね。

 そんなこんなで、時間を持て余すなんてことが起きて、しかも夜勤だからヘンテコリンな時間に起きていたりする。深夜に何気にTVをつけたらBSで変な人物?のドキュメンタリーらしき番組に出くわしたのである。

 世間では、一般に落ちこぼれというか、奇行癖のある人物なんて思われそうな人物。表情はコロッコロ変わるし、痙攣したりする感じだし、目は落ち着きなくキョロキョロしっ放しだし・・・。彼は言いたい誰なんだろう・・・。

 ニートって言うのかな? それに、非ナンとかと言っていたな。とにかくそんな彼がバンドをやっていることが分かってきた。しばらくすると、パソコンで雑談を配信したり、演奏を配信したりしていることも分かってきた。今時のバンドと言うのはこうしたメディアを早くから使いこなして出てくるって感じの話なのかと考えながら観ていた・・・。

 このブログはブルース&ギターに関するブログということで始めたんだけど、それこそ久々にガツンと頭を殴られた感じがした。これは事件かも知れない。もう数年というもの音楽のことをほとんど考えずに生きてきている。そんな日常に一発喰らった気がする。

 これはただ個人の衝動を吐き出しただけのものかと考えていたのだが、違っていた。それは歌詞を聴けば明らかだ。「いつの時代も」の言葉のせいで、ぼくは金縛りに合った。この瞬間何らかの普遍性を感じないわけにはいかなくなった。

 ということで、この音楽が世の中に出てから2年4ヶ月が経とうとしている。この間僕は知らずに過ごしてきたけれども、何の偶然か知ることが出来た。

 これを観て聴いての反応は人それぞれだと思う。僕は自分が幼稚なのかも知れない。単純なのかも知れない。馬鹿なのかも知れない。だけど、これに何かを感じられたからには発信しなくてはいけないと思ったし、そんな衝動が自分にまだあることに少なからず驚いている。

 オッサン今頃ナニ言ってんだって話なんだけど。今更ながらではあるが、出会えた幸運をただここに記したかっただけなんだ。

| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
またしても・・・<ザ・バンド>
2009.02.23 Monday 14:53


 「またしても・・・」とコメントしたくなるほど、ザ・バンドのアルバムがリイシューされて発売になる。これまでのものとどう違うのかということが気になるところなので見てみると、「オリジナル・レコーディング・リマスタード」「ゴールド・CD」「インポート」「フロム・USA」の文字が並ぶ。曲数も増えており、全19曲となると結構いろんなことを考えてしまう。

 元メンバーのロビー・ロバートソンは以前コンプリート・ボックスものの発売時に「昔を蒸し返すのは今回まで・・・」というようなコメントをしていて、依然として人気の高いザ・バンドの未発表テイクなどに群がるファンの関心の高さやそういった発掘ブームに一区切りつけたい彼の心情?を察していたものです。それがもう出尽くしたと勘違いしていたのは僕だけだろうか。いや、詳しいことは全然知らないから、その辺りのことは熱烈なファンの方に任せることにして、発売になるからには一ファンとして紹介しようと思った次第です。

 このセカンド・アルバムは特に彼らの代表的一枚と言えるものですが他にも同じシリーズで発売になるようなので、興味ある方はリンク先に跳んでみてくださいね。

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラスト・ワルツ限定盤<ザ・バンド他>
2008.10.31 Friday 17:46



 ザ・バンドのラスト・ワルツはとても有名な音楽映画だ。もちろん内容も超オススメでまだ持っていない方にはオススメしたい。今回は限定盤ということで、いろんな特典が付いているのだとか。

 もうすぐ発売となるので、筋金入りのザ・バンドのファンの方は予約されるといいかも知れません。昔のを持ってらっしゃる方、特典など欲しい方は商品ページを参照ください。まだ持っていない方なら、お買い得のこの時期に購入するのも悪くないのでは・・・。

 いよいよ11月に入ります。最近朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。今年もあと60日余りを残すのみとなってまいりました。風邪などひかないようご注意ください。
 
JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初練習、蓋を開けてみれば・・・
2008.08.06 Wednesday 17:37
 さて、ハーピストでの参加のステージまで2週間となった先日、練習をしてみました。ギター&ボーカルのK氏とパーカッションのOちゃん。クーラーの利いた涼しい部屋での打ち合わせは快適! 先日の野外ライブの話題もそこそこに打ち合わせをしていきます。

 「フォーエバー・ヤング」はボブ・ディランの曲で、それに間奏部分でハーモニカを入れたいとのこと。キーはAでやるのでAのハーモニカを試して見ます。で、Kさんの一言、
「ギターはどうしたの?」

 もしかしてとは思っていたのだが、今回は純粋にハープだけの依頼だと思った僕。家からギター持ち出すといろいろ家族に説明しなくちゃいけないから、その点もあったのですけどね。Oちゃんの機転でその練習場所に置いてあったギターを借りることにした。

 僕もそうだけどK氏もいい年だし、この曲「フォーエバー・ヤング」は何となく余生を意識し始めた世代にとって気になるものがある。気負わずやりたいですね。軽くハモりも入れたりなんかして・・・。自然体で出来ればそれだけでいいかもと思える曲ですね。

 「狸」はK氏のオリジナル。ナインス・コードの入った、軽快で洒落っ気たっぷりの曲。こちらはギターでリズム感重視のストローク中心のプレイ。冒頭に狸つながりで「山寺の、和尚さんが・・・」のフレーズを噛ませる構成に。こんな遊び心がK氏の特長だったりする。パーカッションの存在感もグンと聞かせどころ満載だ。

 あとは、べただけど「とんぼ」やるんだって。いわずと知れた長渕剛の曲。これも、印象深いイントロ部分をハーモニカでやることに。何度か練習したら、それなりに聞こえてきた。みんなで大合唱になるらしい予定なんだって。知ってる人多いんだろうな、やっぱり。キーはCでやるんだって。ほんとはなんだろう? ま、いいんだけどね、何でも。

 と言うわけで、久々の3人でのセッションも時間となりました。次回はマイ・ギターで出席予定ですよ!
| 日向小僧 | ロック | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ハーピスト?デビューなるか
2008.08.02 Saturday 15:03


 昨日、音楽仲間からの誘いでライブにハーモニカで参加しないかというオファーがあった。「そんなこともアリかな?」と気持ちよく参加を表明した僕。しかし、考えなくても
自分の実力は全く初心者の域であるし、二週間後の本番に内心大丈夫か心配になってきた。

 一応ギター弾きながら少しだけハーモニカで唄の合間を埋めるようなことはしたことがあるが、それも数えるほど。ブルースに関しては3コードであること、大抵の場合なるべく吸ってベンドさせることをやれればそれなりに聞こえることで出鱈目なセッションをやったことはあるけど、ちゃんとしたサポートって結構難しそうだ。

 ブルースならセカンド・ポジションで決めればまあ大丈夫だけど、今回やるのはフォーク調のものもあるし、ファースト・ポジションがいいかも知れない。そんなことを考えながら、ハーモニカを鞄から出して吹いてみる。

 曲の流れに合わせて、どの音を鳴らすかっていうある程度のパターンを作らないといけないだろうな。歌の合間には少し前に出て鳴らせばいいけど、歌に入ったら引っ込むというのが意外に難しい。いっそのこと黙っているかな?

 息遣いがモロに音になる分、自分の心境が隠しきれないような気がしてきた。「ええい! ままよ・・」と吹っ切れればいいが、どうなることだろう。

 ちなみに、僕の使用するハーモニカはホーナー製のブルース・ハープ。キーはA,B,C,D,E,F,Gを持っている。キーが代わるとハーモニカって吹き心地がまるで違うから別の楽器みたいな感じだ。

 めざせ、ハーピスト、デビュー!

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
お気に入りの曲<おしゃべり屋>
2008.06.12 Thursday 23:22


 ライ・クーダーの「パラダイス・アンド・ランチ」の2曲目に収録されている「タトラー(英語読みではこれでいいのかな?)」、邦題「おしゃべり屋」は僕のお気に入りの曲だ。

 英語の曲の場合、歌詞がよく聞き取れないのでどうしても曲調やメロディに神経が反応する訳だが、この曲の情感溢れる唄は深い意味のあることをテーマにしているような印象を最初聴いた時から感じていた。お気に入りの要因は唄とサウンドの展開が僕の嗜好とマッチするからなのだろう。

 邦題が「おしゃべり屋」と後になって知るのだが、ピンとこない。そこで、歌詞を確認して更にこんがらかってしまった。和訳の歌詞を読んでもさっぱり意味が掴めない感じ。この歌って、何を言わんとしているんだろう。

 一体誰が「おしゃべり屋」なんだろう。君が最大限努力すれば愛は素晴らしいものってどういうこと? 浮気の歌なの? 僕の文章読解力が足りないせいだろうか。そんな分からない部分が僕の興味を引き寄せるのも確かなんだけどね。しばらくこの曲を繰り返し聴いてみようかと思っている。

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
お世話になったからね!<キャロル・キング>
2008.06.05 Thursday 08:24


 ブルースではありませんが、と断わっておきつつ青春時代から今日に至るまでそしてこれからもお世話になるであろうことも考え合わせて紹介しておこうと思う。

 5月には発売されているのですが、今回はレガシー・エディションと言うことで、2枚組みとなっている。1枚目はこれまでの「タペストリー」と同じ曲目が収録されており、2枚目にはライブ音源で同曲順(┐鮟く)で収録。この点で購入意欲が湧けば買いでしょうね。更なる詳細についてはリンクから跳んでリスナーのコメントを確認してもらえばバッチリですね。

 ところで彼女の魅力について考えると、飾らない素顔っぽい音楽、唄と答えたい。上手いとは必ずしも言えないボーカルだが味わい深いし、いろんなアーチストが彼女の曲をカバーしていることからも楽曲の素晴らしさが伺えると思う。そして、聴き手を穏やかに包む優しさ。苦しいことも辛いことも日々の生活にはつきものだけど生きていこうと前向きになれる素直な気持ちを思い出させてくれる。

 この時期新しい生活に飛び込んだ多くの若者達がもし悩んでいるとしたら、こんな音楽が励みにならないだろうかと余計な心配をしながら紹介してみました。

 もち、オリジナルの「タペストリー」も洋盤、国内盤を問わず同じような効果は期待できるのでご安心を!

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ボブ・ディランのDVD<ノー・ディレクション・ホーム>
2008.03.02 Sunday 22:21


 ボブ・ディランのことを知らないと答える人は多いのだろうか? 僕は少なからず音楽に興味がある人間の一人として答えるなら彼の曲の1曲や2曲は聴いたことがあると誰もが答えて欲しいとさえ思う。しかし、同時に知っていると答えるであろう僕自身も彼について正確に知っていると言えるのかという疑問にはノーと答えたくなる。

 彼のベスト盤のCDを持っているというだけの僕には彼を語る知識も薀蓄も情熱も明らかに無いことを承知で彼の人物像について迫った本作品の価値というのはかなりのものであろうと推測するのだがいかがか?

 例えば、彼は若い頃に数百枚のレコードを音楽仲間や知人、コレクターなどから勝手に拝借して聴き込んでいた事実などは興味深い。金も「つて」も無い自分が泥棒同然に他人の持ち物を無断で持ち出す以外に方法は無かった。それは、至極当然の結論だったと言わんばかりのディランの告白には、ある意味で衝撃を受けた僕だった。

 とにかく、彼の研究心の高さは驚きで、彼の脳ミソには彼以前のミュージシャンの曲がどんどん吸収されていったことだろう。彼の創作の原点は砂が水を吸い込むように曲を聴いて覚える貪欲さにあったと思ったのでした。何をどれだけ食べたかでその後の活動の水準が決まるのと同じで取り込んだ情報の多さが吐き出すもの(作品)の多さ、あるいは質の高さに繋がったのだ。

 そして、彼が当時の音楽シーンで際立っていたのは、時間軸を生きているその瞬間だけとは捉えていなかった点なのではないだろうか。「ライク・ア・ローリング・ストーン」にも出てくる視点はずっと未来の時点から現在(未来からすれば過去)のことを振り返るように語るわけで、予知的な内容が聴く者をハッとさせるのである。

 それは、他者から見える自分であったり自分自身の過去と未来であったりして置き換えが可能で、それゆえに普遍的な意味を持っている。多分彼はそのことをしっかりと意識して完成させているわけで、恐ろしい気さえしてくる。

 また、ジョーン・バエズのコメントなどから彼が誰からも自由な存在でいることに重点を置いていたようなことが感じられたのも面白かった。以前、岡本太郎の著書を読んで感じた「芸術とは・・・」といった感覚と重なるような聴衆やファン、マスコミとの間の軋轢(違和感)が彼の音楽もまた芸術と呼べるものであることの証のように思ったのでした。

 発表の時点で彼は誰かの賛同を求めていない、というか自分の導き出した結論にいささかの疑問も持っていないかのようだ。彼にあるのは必然の言葉だけ。

 考えてみれば、当時のマスコミのインタビューや世間の認識といったもの、あるいは社会の常識みたいなものが今を生きる僕たちには少々滑稽にさえ見える。それに対し、何らかの回答、反応を迫られるディランの心境は穏やかでは無かったということだろう。認識、意識の隔たりは彼をイラつかせたりもした。

 しかし、それも長くでは無く、彼は自分が変化して外部との接触に受け流すワザを身に着けていく。したたかで順応力が抜群だったことが彼を今の地位に押し上げ、居続けさせた要因だろう。

 いずれにせよ、このDVDでディランの魅力の一部分が垣間見れ、それだけでも十分に人々を魅了する作品だと思う。そして、更なる興味に駆り立てられ難解なディランをもっと深く知りたいと思う中毒者を増やす作品だと僕などは想像してしまうのである。
JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハートフル&ウォーム<オールド・マン・リバー>
2008.01.26 Saturday 21:10


 先日、当ブログにアーチスト紹介の記事を書いてみませんか?とコメントを頂いた。興味があったのでメールすると、「オールド・マン・リバー」と言うアーティストを紹介してみませんかという返事でした。それで、どんな曲をやってるのか試聴のためインターネットでアクセスしてみるとYouTubeに動画がアップされていたのでした。

 キャッチーなメロディと曲中半分以上の「ラ・ラ・ラ・・・」と繰り返す歌詞に面食らいつつ、親しみやすい曲だと思った。「La〜みんなのうた」は覚えやすいし、耳に残る曲だ。しかし、「これは僕のブログではちょっと毛並みが違うかな。」などと考えたのでした。結局その日はそれだけで、紹介記事は次の機会にして、今回は静観かと・・・。

 そして、今日はふとアルバム出とらんかな?と探したらありました。タイトル「グッド・モーニング」はもう発売になっていて、HMVでは全曲試聴出来ることが分かりました。聴いてみると、確かにインパクトは「La〜みんなのうた」が一番かもしれないのだが、他の曲にもハートフルでウォームなテイストがあって興味が持てた。

 こんな感じなら僕のブログで紹介してみてもいいかもね。番外な紹介だと断わりつつ昨今のカッコつけポップ・ミュージックには無い3枚目キャラは希少なんじゃないだろうか。僕はそういうの結構好きです。っていうか昨今の流行歌にとんと疎い僕なので何をか言わんやなんだけどもね。ジャンルはロックなんだろうけど、フォークやレゲエの雰囲気もあるし、ポップだしね。根底にネアカな、ポジティブなパワーを感じますね。

 と言うわけで、今回のCD(アーティスト)紹介は僕にとっては初めての経験。ちょっと新しいことにチャレンジしてみる気分とお小遣い目当てなことなのも一応正直に言っておくことにします。

 ちなみに、この国内盤ですが現在は輸入盤より安くなっていてキャンペーン価格です。CDショップの試聴コーナーでの展開やラジオ番組のヘビー・ローテーションでも多くの局でオンエアーされているらしいですよ。きっと、僕みたいに紹介しているブロガーの方が複数いらっしゃるんだろうな。2月には来日の予定らしいからいろんなプロモーションが動画でも記事でもあると思いますよ。気になったら検索してみてね。

http://oldmanriver.blog41.fc2.com/
JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3枚組ベスト盤<ボブ・ディラン>
2007.10.14 Sunday 00:15


 10/1に発売になったボブ・ディランのベスト盤は3枚組で本日紹介は輸入盤の方です。国内盤では7000円近くするので、全くのディラン初心者で無い限りは歌詞カードも大方持ってらっしゃると考えて国内盤を揃える必要もないかと・・・。もちろん国内盤(限定8000組)が欲しい方は跳んでから選べますけどね。

 全51曲は彼の45年の音楽活動を万遍無く押さえていてベストの名に相応しい内容だと思います。リマスターによる音質の向上も期待できるのでオリジナル、ベストをいくら持っていても今回のアルバムも買う価値あり!といったところでしょうか。

 ブックレットも50ページあるそうなんだけど、これって国内盤も輸入盤も両方なんだろうね? ポストカードも付いてくるとか。現在のところ未確認です。

 先程も触れましたが45周年記念でこれからボブ・ディランのいろんな企画が進められるそうです。映画もあるらしいし、要チェックですよ!
| 日向小僧 | ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/2 pages next→