Search
Profile
Recommend
Recommend
ザ・コンプリート・レコーディングス
ザ・コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・ブレイク,マ・レイニー,レオラ・B.ウィルソン,バンジョー・ジョー(ガス・キャノン),エルゼイディ・ロビンスン,ダニエル・ブラウン,バーサ・ヘンダースン,チャーリー・スパンド,チョコレート・ブラウン,ローラ・ラッカー,ザ・パラマウント・オール・スターズ
Recommend
コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス (JUGEMレビュー »)
ブラインド・レモン・ジェファスン
Recommend
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン,ウィリー・ブラウン,ルイーズ・ジョンソン,サン・ハウス,チャーリー・パットン
Recommend
戦前ブルースのすべて 大全4CD
戦前ブルースのすべて 大全4CD (JUGEMレビュー »)
ボビー・リーカンズ・ニード-モア・バンド
Recommend
シカゴ・ブルースの25年
シカゴ・ブルースの25年 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エディ・ボイド,J.T.ブラウン,メンフィス・ミニー,サン・ジョー,リトル・ブラザー・モンゴメリー,メンフィス・スリム,ベイビー・フェイス・リロイ,ジョニー・シャインズ,ジョン・リー・ヘンリー,J.B.レノアー
Recommend
ビッグ・ビルズ・ブルース
ビッグ・ビルズ・ブルース (JUGEMレビュー »)
ビッグ・ビル・ブルーンジー
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~
ブルース・ライブ! ~コンプリート版~ (JUGEMレビュー »)
ロバート・Jr.ロックウッド & ジ・エイシズ
Recommend
Recommend
Recommend
RCAブルースの古典
RCAブルースの古典 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, トミー・ジョンソン, イシュマン・ブレイシー, ブラインド・ウィリー・マクテル, クリフォード・ギブスン
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
My Affilliate キャンペーン中!!
Blog Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング
★★★
Commercial Links
HMVジャパン
Search
Google
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2012.07.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ビッグ・ビルを久々に聴いて
2011.10.09 Sunday 05:45
評価:
ビッグ・ビル・ブルーンジー
エピックレコードジャパン

  久々の更新。近頃じゃブルースを聴くってことがほとんど無かったわけなんだけど、パソコンのiTunseのアイコンをクリックして何となく聴いてみたくなったんだな・・・。

 何でも良かったんだけど選んだのはビッグ・ビルの「ビッグ・ビル・ブルース」だった。

 懐かしい感じのするビッグ・ビルの歌を聴きながら、これまた何となくナンだけど違和感みたいなものが湧いてきた。昔・・・昔といっても数年前・・・いや、もう10年位も前のことになるのかな? ビッグ・ビルを聴いて、「これがブルースってもんなんだ」とひとり合点していた頃は。

 その違和感の正体をボンヤリと思考してみた。そして、ふと小出氏のレビューの断片を思い出した。ビッグ・ビルの唄い回しについての記事だった。

 当時は全くといっていいほど気にならなかったことなのだが、こうして今聴いていると落ち着かない原因が彼の唄い回しにあったとは、不思議な感じがする。

 聴きかじりの頃にはブルースって言うのは「こんなものだ」と思っていたのか? それとも、そのテクニックが卓越しているとか洗練されているとか洒落ているとか思っていたのだろうか?

 だけど、その当時にCDを手に入れた有り難味や知ったかぶりとかを忘れるほどに時間を経て、しばしの間、ブルースから遠ざかってその気分からすっかり抜け出した今となって聴いてみると意外にも彼の唄が薄っぺらに感じてしまったのだから驚きだ。

 作為や技巧にはある種の空しさが同居する。その心は誰かに媚びている行動だとでも悟ったか? 

 しかし、だ。考えてみればこれはこれで面白い部分でもある。歌という表現が誰かに何かをアピールするための行為だとすれば、媚びて当然。それで気を引けるなら、あえてナンとでも言われようが構わない。そんな心境で彼はブルースをやっていたのかもしれないからだ。

 「ウケる以上は芸風は変えないぜ!」そんな考えが彼の頭にあったのかどうかは知るヨシもない。だけど、そうして作られたキャラクターは実際そう簡単には変えられない。それによって失うものを知っているだろうし、いい思いもして来たし。

 ブルースの哀愁って、ある意味「変われない自分」の境遇を歌にして紛らわすとか、逆に自虐的に自分を笑いものにして開き直ったりするものだったりするだろうし・・・。そういうことって聴く者にも何某かの気分を喚起することだろう。それでいいじゃんか・・・ね。

 ロバート・ジョンソンのブルースを初めて聴いた時に感じたあのぶっきらぼうさの正体もまた当時感じたものよりも複雑で巧妙であるのかもしれない。

 そうやってまた聞き返してみるのも一興だったりするな・・・。

 昔よりもオレは進歩しているんだろうか? それともまたまた一捻りもふた捻りも人間が卑屈になってきたんだろうか? それを知るにはおそらくまた10年単位の時間が必要になるのかもしれないな。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロバジョンの肉声を思う
2010.09.27 Monday 02:13
  ひっさびさの更新です。昨年暮れ以来ですから約9ヵ月の間音楽のことを殆ど生活から外してすごしていました。先日ネットでロバジョンの楽曲の再生速度とかキーの問題に触れた記事をたまたまあるブログで見つけました。

 僕がロバジョンを聞いて最初に感じた違和感の正体は感情を排除したようなあの肉声のせいだったのではないだろうか? 記事を読みながらその答えを見つけた気がしたのです。

 一般に再生速度を速くすれば、キーは高くなって人の声はどんどんロボット的な音声に近づいていきます。それに伴い感情的なニュアンスがスポイルされて無機質になっていくという気がします。ロバジョンに感じたあのぶっきらぼうさはキーが高くなったことの副産物ではなかったか?

 YouTubeなどで再生速度を落とした曲がアップされているので聴いてみるといいです。あの世から人間界に戻ってきたかのような肉声に驚くと共に妙に合点して受け入れられる響きをそこに感じるのです。実態を伴った存在としていきいきとした彼の人間味を感じることが出来るのです。

 実際に何が正しいとかはこの際どうでも良いくらい些細なことかも知れませんし、こだわる人にとってはそれこそ重大であるのかもしれませんが、僕にとって重要なのは生身の彼を再生速度を落としたもので聴いて感じられたことであるのです。

 野太くなった彼の声は決して悪魔的でもなければ神秘的でも伝説的でもないのかもしれません。ですが、それこそが彼が生きていた証しだと腑に落ちている僕なのです。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近は車でコレかけてます<エルモア・ジェイムス>
2009.10.07 Wednesday 07:16
 

 3連畳みかけフレーズの第一人者、殆ど専売特許みたいなのがエルモア・ジェイムスなのだ。で、よくよく聴いてみると案外面白いことやってますね。
 
 例えば「ローリン・アンド・タンブリン」なんて、オリジナルとはかなり違って聞こえまする。有名曲だって彼にかかると斬新なアレンジで新曲?になっちまう感じ。
 
 それにしても、エルモア・ジェイムスの唄もイカシてますな。張り上げ方とか崩し方とかじつにエモーショナル。奔放に感覚的に唄ってます。本能の赴くままってやつですか。気風がいい!
 
 それに、曲がキャッチーでドラマティック。ストーリーを感じまする。ドラマチックなんであります。バンドサウンドということにしても、ホーンセクションがあったり、ピアノがあったりで結構ゴージャスです。  やっぱり、人気が出て当然の魅力溢れるブルースマンですね。
 
 ちなみに、このアルバムは26曲のベストものです。エルモアの魅力を1枚で十分楽しめるんじゃないかな。
 
JUGEMテーマ:音楽
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
JKブルース・バンド現る
2009.09.20 Sunday 22:32
 

 日本の女子高生(JK)ブルース・バンド「リスペクト」がアルバムをリリース。選曲を見て少なからず驚くオヤジがここにいるわけです。そう僕のこと。
 
 とか言っても演奏を聴かないことには始まらないわけですが、判断ははそれぞれ皆さんにお任せするとして、何やらコカコーラのネクスト・ブレーク・アーティストに抜擢されたとかで一般の人がブルースを耳にする機会がグンと増える可能性がありますよね。ブームになるかも・・・。ま、どうでもいいことか・・・。

 ちなみにアーティストについて
 
Vo. Blues Harp & A.Sax:大久保紅葉姉の影響で5 歳からステージに立ち、ブルースを志す。アレサ・フランクリンをリスペクト。
 Guitar & Vocal:大久保初夏 7 歳よりドラムを始め、14 歳でギターに転向。バンドのリーダー的存在。
 Bass:岡村亜紀ベースを始めて間もないが、努力・根性で、すでにバンドの屋台骨を支える体育会系ベーシスト。
 Drums:大村智美シカゴ・スタイルのシャッフル・ビートはフレッド・ビロウさながらの癒し系ドラマー。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
吠える猟犬<ハウンド・ドッグ・テイラー>
2009.07.27 Monday 01:01


 痛快無比の100%天然野郎、スライドギターの申し子と言えばハウンド・ドッグ・テイラーのことだ。久々にブログの更新をする事になったのも、この男のアルバムがP-ヴァインから発売になることを知ったからなのだ。
 
 フーッ! リリースはまだ先のことだけどそれでも10月と言えばもう2ヶ月ほどだ。あっという間に未発表曲が聴けるというわけだ。予約しといてもいいんじゃなかろうか?
 
 夏休みが明け残暑も一区切り付く頃に再びブルースで暑かった夏を思い出すなんてのも乙なもんだぜ・・・。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |
追悼、忌野清志郎死去
2009.05.03 Sunday 07:19
 歌手の忌野清志郎さんが、お亡くなりになりました。58歳というとまだまだこれから一仕事二仕事できる年齢です。とても残念ですがご冥福をお祈り申し上げます。

 独特のボーカルと風貌そしてパフォーマンスは彼の曲をあまり知らない僕にとっても印象の強い方でした。彼の行動にはちゃんと一本筋の通った気概を感じると共に、人類愛に満ちたスピリットが根底にあったのだと思えるのです。唯一無二の存在でした。
| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シカゴ・ブルース・フェスの音源<オーティス・ラッシュ>
2009.04.02 Thursday 17:28


 更新滞っているうちに早新学期の季節です。サクラの開花もどんどん北上していく今日この頃皆さんいかがお過ごしですか? 僕は間近に迫った地元の里神楽の準備で日々忙しい状態です。そんな中ですが、ラッシュのアルバムがリリースされていることを知って久々の更新をしようとキーボードに向かったわけです。

 以下はアマゾンでの解説文。なかなか面白い音源だと思います。

内容紹介
シカゴ・ブルースの生神様オーティス・ラッシュの未発表ライヴ!

2001年シカゴ・ブルース・フェスティヴァルでのライヴを、マーティン・スコセッシ【The Blues Movie Project】3作目となる『Godfathers and Sons』を監督したマーク・レヴィンが撮影、そこからの音源を世界初でCD化したのが本作です。(1曲のみ映画で使用。)

Bob Levis(G)、Harlan Terson(B)、Marty Sammon(Key)、Ray"Big Ray"Stewart(Dr)という90年代を通してラッシュを支えたバンドがバックを務め、ガッツリ3管のホーン・セクションも付いた重厚なライヴ・サウンド。
映画用に撮影されたので音質も良好です。

ファンには嬉しい定番曲がたっぷり。
オープニングから「I Got My Mojo Working」で飛ばし、コブラ時代の名曲「All Your Love I Miss Loving」「Keep On Loving Me Baby」、代表作「I Wonder Why」「So Many Roads」から「Looking Back」「You Fired Yourself」「Walking The Back Street And Crying」「Crosscut Saw」まで全9曲一時間の至極のラインナップ、ラッシュの魅力全開のライヴです。

脳梗塞で倒れる前までの最も新しいライヴ音源。

「これは僕の地元シカゴで録られたライヴなんだ。
日本のファンに最初に聞いて貰えることになって嬉しいね。
皆さんは僕の家族みたいなものだから。
しかもPヴァインからのリリース、とても興奮しているよ。
みんなブルースを愛してくれてありがとう!」
-オーティス・ラッシュ

 いかがですか? 脳梗塞で倒れる前としては最新のライブ音源というフレーズにピクピク反応してしまいそうになりました。あとは聴くしかないでしょ!

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラインド・ブレイクのトリビュート
2009.03.23 Monday 13:53


 検索で引っ掛かった面白そうなアルバムを紹介します。キクチ・アキラという人がブラインド・ブレイクのコンプリートアルバムのライナーを書いている人物で、その方のアルバムが昨年末に発売になっていたらしいのです。

 彼の演奏を聴いたことが無い僕ですが、ブレイクの生きていた頃の機材やギターにこだわって録音された再現モノのアルバムとなっているそうです。ブレイクへの思い入れの詰った楽曲たちがどんなだかは聞いてみるしかありませんね。

 収録曲は以下の通り。果たして聞いてみたあなたの感想はいかに?
  1. Chump Man Blues
  2. Wabash Rag
  3. Tootie Blues
  4. Police Dog Blues
  5. New Style Of Lovin’
  6. That Lovin’ I Crave
  7. Too Tight Blues
  8. Hey Hey Daddy Blues
  9. Georgia Bound
  10. Come On Boys Let’s Do That Messin’ Around
  11. Playing Policy Blues
  12. Blind Arthur’s Breakdown
  13. Sun To Sun II
  14. Diddie Wa Diddie
  15. Cotton Boogie !
  16. Got My Mojo Workin’
  17. From Four Till Late
  18. Great Big Memory In Grafton


JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンコール! 再び<カルロス・ジョンスン>
2009.01.30 Friday 15:46


 前作では圧巻のライブ・パフォーマンスで僕らを楽しませてくれたカルロス・ジョンスン。近年のプレーヤーとしては最高にイカしてるブルースマンのひとりかと思うわけだが、同じDVD作品もリリースされ、日本では現在最も評価の高い彼?の続編ライブ・アルバムが登場。あの感動を再び!とまだ聴いてもいないのに期待感は半派じゃない。

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハウリン現る
2009.01.28 Wednesday 16:31


 夜勤明けの僕は午前中に睡眠を貪り、昼頃起き出して遅めの昼食を取った。親父が僕に小包らしきものを手渡した。午前中のうちに届いたものだった。僕が寝ている間にハウリンはやって来たのであった。

 小包を持って2階の部屋に行き、荷物を確かめる。ほぼ正方形に近いハードカバーの本が出てきた。「ちょっと高い買い物だったな」と今更ながら思ってしまう。せこいブルース・ファンだな俺って・・・。どうしてここだけ俺といったのか(思ったのか)不思議なのだが、思い当たるフシなど何も無い。やや自嘲気味になりながら表紙を眺める。

 先程荷物を手渡した親父とダブる強烈な顔のアップだ。もちろん親父はこの当時のハウリンより遥かに年老いているというのに。タバコを口に咥えて眼差しは煙たさにかやや細めてこちらに視線を向けている。今タバコを口元に持っていったところなのか、それともこれからタバコを摘まもうというのか、左手人差し指と親指が顔のすぐ近くに映っている。

 無精髭には白いものが混じり、肌は黒光りしていているが脂ぎってはいない。眉間と額のシワが彼の人生を物語っている。初老を迎えた、若しくは過ぎた男の哀愁をそこに感じる。それは孤独と別名でもあるのだが・・・。

 昨年後半より僕のブルース熱は徐々に冷めつつあるようだ。それはどういった理由からなのかは判然としない。しかし、そうなる以前に予約していたこの本がいずれは届けられることを心の片隅に記憶していながら、解約せずにいたのは何故だろう。はたして、今日この本は決まっていた通りの道筋を辿って僕のところまでやってきたのである。数奇な運命と言えなくも無い。これから僕はこの本とどう関わっていくのだろうか。それはまだ誰にも分からないことではある。

JUGEMテーマ:音楽


| 日向小僧 | ブルーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/35 pages next→